2016年のトレンドは「ターボ」

2015年はフォルクスワーゲンの排気ガス不正問題で自動車業界には激震が走りました。この問題は大きな訴訟に発展しそうですし、タカタのエアバック問題も深刻ですので、自動車業界にとって2016年は波乱の1年になりそうです。
4tn3t
そんな自動車業界ですが、最近のトレンドはターボエンジンでです。排気量を小さくしてターボで加給するダウンサイジングエンジンは、フォルクスワーゲンが先駆者ですが、この動きはヨーロッパのメーカにどんどん広がり、今やメルセデスベンツ、BMW、アウディなどはほとんどの車種がこのダウンサイジングターボエンジンです。

トヨタなどもクラウンやレクサスISなどの高級車にこのダウンサイジングエンジンを搭載して、燃費の向上に努めています。

時代はターボエンジン

そしてなんとあのフェラーリもダウンサイジングターボエンジンのモデルをラインナップしました。「488」というモデルで、今までの「458」からモデルチェンジししました。
ターボエンジンは低回転域からトルクが出るのでとても運転しやすいという特徴がありますが、自然吸気エンジンに比べると排気音があまりよくないというデメリットがあります。

またスポーツカーは回転数を上げて音を楽しんで、トルクを絞り出して運転をしむというセオリーがあるため、ターボエンジンは不向きだといわれていました。フェラーリはこうしたデメリットを技術的に解決して「488」を発売しました。

ポルシェもターボエンジンをラインナップ

そして今年はポルシェも代表車種である「911」をターボエンジンに変更します。現行モデルの911は水平対向6気筒、3.8と3.4リッターの自然吸気エンジンでしたが、2016年モデルからはこれを3リッターのターボエンジンに発売して発売します。

このエンジンの変更によって、パワーは同等かそれ以上ですが、燃費は10%以上向上しているといわれています。また今までの自然吸気エンジンと変わらない気持ちいいドライビングが楽しめるといわれています。
また今回のモデルチェンジで、すべてのモデルに可変ダンパーのPASMが標準装備され、ターボやGT3に標準装備されている後輪操舵もオプション設定されます。

そして911の下級モデルである、ボクスターとケイマンは水平対向6気筒エンジンから水平対向4気筒ターボエンジンへと変更されます。ボススター・ケイマンはフロントシートのすぐ後ろにエンジンが搭載されているミドシップ2人乗りのモデルですが、911よりも割安で人気があるモデルです。
この2モデルは上級グレードのボススターSとケイマンSは2.5リッターターボエンジンに、廉価版のボクスターとケイマンは2リッターターボエンジンにそれぞれ変更されるようです。排気量は下がりますが、パワーは同等かそれ以上ですし、エンジンが小さくなる分ボディが軽くなりよりスポーティな車に生まれ変わるといわれています。
ポルシェはそのほかにマカンやカイエンなどもラインナップしていますが、そのほとんどがターボエンジンですので、この変更も自然の流れかもしれません。

いままでターボエンジンとは無縁だったポルシェやフェラーリなども世界の燃費規制が厳しくなり、ターボエンジンを搭載せざるを得ない時代になってきています。
でもやはりスポーツカーは自然吸気エンジンで乗りたいという人はたくさんいて、いままでポルシェに乗り継いできた人の中には、自然吸気エンジンのうちに乗り換える人もたくさんいるといわれています。
国産メーカーは今は自然吸気エンジンの方が多いですが、トヨタなどは今後ターボエンジンを搭載していくようですので、日本もこの流れは加速すると思います。

マツダの新型ロードスターの発売と今後の展開について

gbibg
マツダの新型ロードスター(ND型)が発売されましたね。街でも時折見かけるように
なりました。
マツダの新型ロードスターは2014年に発表され様々なイベントを通してマツダが
一般に向けてアピール活動を行ってきたため、車好きで知らない人は居ないという
程の知名度がある車です。

NDロードスターは、初代ロードスター原点への回帰を開発コンセプトにして
「人馬一体」「マツダの魂」と言った物を継承して行く車として開発されました。

マツダの魂動(こどう)デザインや、SKY ACTIVEテクノロジーを投入した
新型ロードスターは販売当初から人気を博しています。

ただ、発売された新型ロードスターについては、今後追加される予定があるのでは?
と思われるものがいくつかあるので、それを見ていきましょう。

ボディーカラーの追加

まず1つめはボディーカラーです。新型ロードスターはマツダのテーマカラーである
ソウルレッド以外のボディーカラーは白系、黒系、濃紺といった無彩色にちかい
ボディカラーが目立ちます。先代のNC型では、イエローのボディーカラーなどが
設定されていたこともありますので、今後有彩色のボディーカラーが追加される
のでは無いかと言われています。

また、ND型にモデルチェンジした際に廃止されたRHT(リトラクタブル・ハードトップ)
も今後追加される予定では無いかと言われています。
新型ロードスターが買いたいけれど、RHTが出る間で待っているというような声も
ネットでは聞こえてきています。

そして、一番気になるのが北米向けには設定されている2リッターエンジンの存在です。
新型ロードスターの開発者によると、ベストバランスなロードスターは1.5リッター
であるという発言があります。

確かに、2リッターエンジンを搭載するとコストも高くなりますし、重量も重くなり
ます。

しかし、2リッターエンジンを搭載するロードスターに日本人のジャーナリストを
絶対に乗せないというマツダの対応にも疑問が残ります。
もしかして、2リッターに乗ったらやっぱり1.5リッターでは物足りなく感じてしまう
のかもしれません。

とはいえ、今後世界統一で開催されるワンメイクレースでは、2リッターエンジン
搭載車が販売されるはずですので、2リッターエンジンのロードスターがどのような
物なのかはじきにわかることでしょう。

発売されもなお話題が続く新型ロードスターから目が離せませんね。

トヨタの提携戦略はどこに向かっているのか

最近トヨタの業務提携の動きが激しいですね。
いつの間にかマツダとの業務提携も行っていて、先日記者会見を行い私たちを
驚かせました。

トヨタは、今まで自社の技術にこだわっていましたが、モリゾーこと豊田章男氏
が社長になってからは大がかりな提携が増えてきたように思います。

トヨタが86を発表したのには、スバルとの資本提携(トヨタとGMの関係で
このようになったそうですが)があってこその産物だと聞きます。

また、トヨタはBMWとも提携を結んでいます。
当初は、トヨタとBMWでスポーツカーを開発すると言うことになっていましたが
いまはスポーツカー開発の提携プロジェクトは無くなっています。
(代わりに小型車の開発を提携して行うということになっているそうですが、
BMWからすると、トヨタはまだ一緒にスポーツカーを作る程の力量がなかった
ということなのでしょうか。)

このように、最近のトヨタ自動車は、他社の良い技術を提携によって自分の
製品に組み込んで使うと言うことを繰り返しているように見えます。

では、何故ここに来てマツダなのでしょうか。
一説によると、トヨタはマツダの環境基準を満たしたディーゼルエンジンが欲しい
野だと言うことです。最近トヨタは、新型のディーゼルエンジンをリリース
しましたが、小排気量のディーゼルは開発されていないのです。

マツダはトヨタから何を供与されるのでしょうか。
いま、マツダの持っている技術でたりないのはハイブリッドシステムくらいです
ハイブリッドシステムはすでに、マツダは、トヨタとの提携前から、
トヨタから供与された物をアクセラに組み込んでいます。

一番考えられるのは、トヨタ車の生産をマツダが自社工場で行うと言うことです。
マツダは、いつのラインでいろいろな車種の車を生産できる工場を建設しました。

例えば、フィアットクライスラーグループのオープンカーをロードスターベースに
日本で生産するそうです。

このように、貪欲に新技術をトヨタが今後欲しいと思っている技術は一体何でしょう
そして、今後どんな企業と提携するのでしょうか・・・・

こういう車は日本で売れる

t5n4oドイツの車というのは年を追うごとにどんどんボディが大型化する傾向が強いらしく、BMWもメルセデスベンツも今まで小型モデルといわれていたものがいつの間にか中型モデルに、中型モデルといわれていたものが大型モデルと同じプラットフォームを使って作られるようになるのです。
日本でもよく知られているフォルクスワーゲンも同じように日増しに大きくなる傾向を持っており、それが顕著に出ているのが主力モデルであるフォルクスワーゲン・ゴルフです。
ゴルフはビートルの跡を継ぐように国民車として作られたもので、初代モデルは全長3.8メートルにも満たない日本風にいえば完全5ナンバーモデルでした。
しかし、一番新しい7代目ゴルフを見ると全長こそ約4.3メートルに収まっていますが全幅は約1.8メートルと日本でも3ナンバーボディということになっているのです。
大きくなってもそれでいいという人もいれば小さいゴルフがいいという人もいます。

ドイツではどちらかというと小さいゴルフを求める方が多いらしく、フォルクスワーゲンもそれにこたえたいところなのですが、大きくしたものを小さくするのは難しいということで新たにゴルフよりも小さなモデルを作ることになったのです。
それが現在日本でも人気の高いフォルクスワーゲン・ポロです。
実はこのポロも初代モデルと現行型の5代目モデルを比べると明らかに大きくなってきており、このままだとゴルフの二の舞を踏むことになりそうです。
今のところは一応小型車といえるレベルに収まっているので、日本でも結構な需要を持っているのですが、この人気の高さを更に高めるようなモデルがクロスポロというモデルです。
このモデルは先代の4代目モデルの時から作り続けられており、現行モデルでも用意されていますが、2014年の11月にマイナーチェンジを受け、新たにアイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムなどの低燃費装備やプリクラッシュブレーキシステムやシティエマージェンシーブレーキシステムなどの安全装備を備えるようになり、更に進化したようです。

クロスポロという車はポロをクロスオーバーSUV風に仕立てた車で、ルーフレールにロードクリアランスをとった足回り、大径タイヤにそれらしいエクステリアパーツなどを追加しただけのものです。
クロスオーバーSUV自体がSUVに似せた乗用車であって、更にそのクロスオーバーSUVに似せた乗用車がこのクロスポロということになり、見た目はどうにでもなりますが中身は限りなくSUVとは遠いものとなっています。
当然FFしか用意されていないので悪路走破性は無いに等しいものとなっています。
しかし、こういった車は日本にもたくさんあり、それが意外と売れているというのですからきっとこの車も売れることでしょう。

国産唯一のオフロードマシン「ジムニー」を選ぶ

btr9e

日本の車で世界に誇れるほどの性能を持っているという車は数少ないのですが、それでも燃費のプリウス、WRCで活躍していたランサーエボリューションやWRX STI、ニュルで好タイムをあげたGT-Rなどがあります。
実はこれ以外にもかなり身近なところに世界一を誇る車があります。
それがスズキのジムニーです。
軽自動車の何が誇れるのかというとそれは道なき道を走ることができる悪路走破性。
ここ最近、SUVやクロスオーバーSUVが流行ってきており、昔よりは悪路走破性に関心が持てる用のなってきているとは思いますが、それはクロスオーバーSUVがもたらす、乗用車+α程度のものであって、本格的な悪路走破性はあまり理解されていないと思います。

その本格的な悪路走破性を持っているのがスズキのジムニーということなのです。
ジムニーにはオフロード走行するための構造がたくさんつけられています。
丈夫なラダーフレームにストロークが豊富なサスペンション、悪路走行には欠かせないリジットアクスルにパートタイム4WD、そして軽量なボディというオフロード走行に最適な車作りがされているのです。
この車は現在で3代目でそれが初めて登場したのは何と1998年。
2015年現在でかれこれ17年も前から同じモデルを作り続けているのです。

ジムニーは昔からそうでした。

初代モデルは1970年から1981年まで、2代目は1981年から1998年までとどのモデルも最低でも11年以上は同じモデルを作り続けてきたのですが、
そのモデルが近々フルモデルチェンジされるということらしいです。
実際にどのようなモデルが出るのかということはまだわかっていませんが、ここ最近のSUV・クロスオーバーSUVブームの影響を受けて、現行モデルのようないかにもオフロードマシンというものではなく、若干軟弱化したSUVらしいものになるのではないかといわれています。

ただ、ジムニーの特徴である悪路走破性を高めるものはそのまま継承されるようですので、その辺は心配ないようです。
スズキには軽クロスオーバーSUVとしてハスラーがありますので、クロスオーバーSUVになることはないでしょう。
しかし、あまりにも硬派だったために一般層の需要が少なかったので、その部分を補う形でこういった形をとるのではないでしょうか。
発売時期は全く分かりませんが噂では2017年ごろになるといわれています。
ちなみに軽自動車において海外で人気になっているのは現在ではこのジムニーだけとなっています。

新車が安く買える裏ワザがあるとすれば・・・

新車を買うなら誰もが安く購入したいと思うもの。

そこで大勢の方が試すのが値引き交渉というやつです。
新車情報が載っている雑誌で値引きに関する情報が溢れているので、最近では試す人が多いようですね。

ですが、相手もプロの営業マンですからそれも見越して考えて商談していますので、結局雑誌に載っている値引き目標額程度しか値引くことが出来ないのが現状。

それに、値引きは地域や時期、営業マンによって大きく影響されるので、それに対応した交渉術が必要となってきます。

また、新車がなかなか売れない昨今ですので、昔に比べて値引き額も少なくなってきているようですね。

このように色々な要因で、値引きが難しくなってきているようです。

では、なにか裏ワザようなものでもあるのか!?
とも考えてしまいます。

そこで、裏ワザのようなものではないですが、ちょっとした技はあります。

これを知っているかどうかで、大分購入金額に差が出ることでしょう。

それは、今の愛車を買取に出すこと。これ、案外簡単だけどめんどくさがって多くの方がやらないんです。

ガリバーとかラビットなど、買取店に持って買取してもらうだけでいいんですが、下取りしてもらった方が楽ですからね。
でも、下取りは車種によっては間違いなくかなり損です。

メーカー下取りって思ってるほど高く売れません。あくまで値引きは下取りの一環ですからね。

期待するだけ損です。

裏ワザと言ったら大袈裟ですが、新車を安く買いたいなら、まずは今の愛車を買取店に査定してもらいましょう。

んっ?今車を所有してない?
その人は値引きを頑張るしかないですね…

プリウスを超えた?!「トヨタアクア」ってどんな車?

トヨタ自動車の小型ハイブリッド車の「アクア」が
売り上げ2万3973台で5か月ぶりにトップに立ったという
ニュースがでていましたね!!
10101040_200905
※の自販連のデータでは、最新の「2015年2月」データで、「22,788台」になっているようです。(もちろん販売台数トップ)

ミニプリウスとも呼ばれて街中でも頻繁に見かけるようになったアクアですが、
エコカーらしからぬ足回りのよさはプリウスの上をいくのでは?とユーザーの間で話題になっているようです。
なんといっても加速性能も同クラスの国産コンパクトカーの中でもトップクラスの性能。(※2015年3月現在では。)

アクアのお値段はオプション込みで概ね200万円程度と
国産のコンパクトカーでは高いので
コンパクトカーの相場で考えてしまうと
その値段に躊躇する方も出てくるかもしれませんがここまでヒットしているのですから、その値段にも負けないくらいの魅力があるのでしょう。
その代り売れている代償として、新車の値引き額が少ないように感じます。(大幅値引きしなくても売れるから)ですから、おのずと下取り額も下がる確率が高いです。
もしアクアを購入する際はトヨタディーラー等の下取りよりも、中古車買取店などで売却したほうが結果的に安く購入することが出来るでしょう。
ですが、多くの方が下取りを頼りにしているので買取店で売るのはちょっと面倒に思うかもしれません。
そんな風に感じたらコチラのサイトを参照にしてみてください⇒車 売るならどこがいい
きっと現在の愛車を高く売るヒントが見つかり。アクアを安く変える確率がぐっとアップしますよ。

アクアの今後の課題

ところで、アクアに限らずハイブリットカー人気はこれからも続くと思われますが
現時点ではどんな問題が挙げられるのでしょうか?

●製造コストが高く車両価格が高くなる。
(これについては、今後販売台数が増えて改善されていくでしょう)
●充電効率が悪く、充電時間が長い。
●充填1回当たりの走行距離が少ない。
●ハイブリッドカーの専門知識、技術が要るのでディーラー等、
精通したメカニックや道具がそろっていないと修理、メンテナンスが出来ない場合が多い。
●ハイブリッドカーの低速時に、音の静かさで歩行者が車に気づかないという安全面。

これは、アクアだけではなくすべてのハイブリットにとって重要なことですので、今後のメーカー対応に期待します。

エコカーと維持費の関係とは

クルマを購入する時にはついつい車両自体の価格に目が行きがちですが
実は一番考えなくてはいけないのが維持費。

10101040_200905

維持費の中には駐車場代、ガソリン代、保険代
自動車税、車検費用などの積み立て、タイヤ、バッテリーなどの消耗品
オイル交換や洗車用品などのメンテナンス費用など多くのものが含まれます。

新車でも中古車でもクルマの排気量が小さくなればなるほど
維持費が安くなる傾向があります。

自動車税一つをとっても2500ccのクルマが年間4万5000円なのに対し
1000ccクラスのクルマであれば3万4500円と年間で約1万円の差が生まれます。

他にも排気量が小さいクルマはタイヤやバッテリーサイズが小さかったり
燃費が良かったりする傾向があるので全般的に安く上がるケースが多いと言えます。

みなさんは「生涯排出量」 とゆう言葉をご存知でしょうか?

言葉の通り、車が生まれてから
廃棄されるまでに出す、CO2の総排出量のことを指す言葉です。

走行中に使うエネルギーが少なくても
製造、廃棄にかかるエネルギーがそれを上回るような車は
トータルでは環境負荷が大きいとゆうことになります。

そういった意味では、ハイブリット車というよりは
「値段が安く、燃費のいい車」 が本当のエコカーかもしれません。

隠れた名車?!「三菱プラウディア」の特徴をまとめました

「三菱プラウディア」みなさん、なんとなく名前を聞いた事があるという程度でしょうか?
21
初代プラウディアは生産台数が少なく
2年間しか生産されていませんでした。

2011年に日産・フーガのOEM供給を受けて
2012年に車名をプラウディアに決定し復活しました。

三菱のセダンとしては、他にギャランフォルティスがありますが
三菱のセダンはあまり人気がありませんね。

三菱の車で売れているのは、スポーツカーのランサーエボリューションや
SUVのアウトラウンダー、パジェロ、RVRなどです。
ミニバンのデリカD3やコンパクトカーのデリカD2、ミラージュも売れています。

フーガハイブリッドの燃費は、18.0km/Lです。

ハイブリッドカーやコンパクトカー、軽自動車と比べると
かなり燃費が悪く感じるかもしれませんが
ガソリン車のセダンでは一般的な燃費となっいて
人気のある「フーガ」でも燃費は同じです。

フーガは、ハイブリッド仕様が販売されていますが
プラウディアはガソリン車しかありません。

プラウディアは内装がとても豪華です。
銀粉を手作業で木目に刷り込んだオーナメントパネルや
本革シートが高級感をかもしだしていてユーザーの満足度も高いようです。

マイカーローンの種類とその金利について

1
かなりのお金に余裕がある人をのぞいては
200万円以上の車を買う時にはローンを組む人が多いと思います。

200万円の貯金があってもその200万円で車を買ってしえば
貯金額は0になってしまい万が一何かあった時に不安ですよね。

自動車ローンはマイカーローンとも言われます。
銀行やディーラー以外にもJAや損害保険会社などでも組めます。
一般的なのが銀行とディーラーです。

初めて車を買う人の場合、自動車ローンの仕組みが分かっていないかもしれません。
住宅ローンなどと同じように、銀行から借りる事もできますが
車の場合はディーラーが提携する信販会社から借りる人が多いのです。

審査が甘めでほとんどの人がローンを組めますが、
手続きが楽なのがディーラーローンですが
銀行ローンよりも金利が高くなるデメリットがあります。

ディーラーローンの金利の平均率ですが
返済期間によって幅がありますが「4~10%」になります。
1
ただ、ディーラーローンの金利は交渉が可能です。
ディーラーはお客様がローン契約を組むことで
信販会社からディーラーにマージンが入りますので
当然ディーラー側は金利を高めにしたがりますので
しっかりと交渉をする事が大切です。