カテゴリー別アーカイブ: その他

新車が安く買える裏ワザがあるとすれば・・・

新車を買うなら誰もが安く購入したいと思うもの。

そこで大勢の方が試すのが値引き交渉というやつです。
新車情報が載っている雑誌で値引きに関する情報が溢れているので、最近では試す人が多いようですね。

ですが、相手もプロの営業マンですからそれも見越して考えて商談していますので、結局雑誌に載っている値引き目標額程度しか値引くことが出来ないのが現状。

それに、値引きは地域や時期、営業マンによって大きく影響されるので、それに対応した交渉術が必要となってきます。

また、新車がなかなか売れない昨今ですので、昔に比べて値引き額も少なくなってきているようですね。

このように色々な要因で、値引きが難しくなってきているようです。

では、なにか裏ワザようなものでもあるのか!?
とも考えてしまいます。

そこで、裏ワザのようなものではないですが、ちょっとした技はあります。

これを知っているかどうかで、大分購入金額に差が出ることでしょう。

それは、今の愛車を買取に出すこと。これ、案外簡単だけどめんどくさがって多くの方がやらないんです。

ガリバーとかラビットなど、買取店に持って買取してもらうだけでいいんですが、下取りしてもらった方が楽ですからね。
でも、下取りは車種によっては間違いなくかなり損です。

メーカー下取りって思ってるほど高く売れません。あくまで値引きは下取りの一環ですからね。

期待するだけ損です。

裏ワザと言ったら大袈裟ですが、新車を安く買いたいなら、まずは今の愛車を買取店に査定してもらいましょう。

んっ?今車を所有してない?
その人は値引きを頑張るしかないですね…

マイカーローンの種類とその金利について

1
かなりのお金に余裕がある人をのぞいては
200万円以上の車を買う時にはローンを組む人が多いと思います。

200万円の貯金があってもその200万円で車を買ってしえば
貯金額は0になってしまい万が一何かあった時に不安ですよね。

自動車ローンはマイカーローンとも言われます。
銀行やディーラー以外にもJAや損害保険会社などでも組めます。
一般的なのが銀行とディーラーです。

初めて車を買う人の場合、自動車ローンの仕組みが分かっていないかもしれません。
住宅ローンなどと同じように、銀行から借りる事もできますが
車の場合はディーラーが提携する信販会社から借りる人が多いのです。

審査が甘めでほとんどの人がローンを組めますが、
手続きが楽なのがディーラーローンですが
銀行ローンよりも金利が高くなるデメリットがあります。

ディーラーローンの金利の平均率ですが
返済期間によって幅がありますが「4~10%」になります。
1
ただ、ディーラーローンの金利は交渉が可能です。
ディーラーはお客様がローン契約を組むことで
信販会社からディーラーにマージンが入りますので
当然ディーラー側は金利を高めにしたがりますので
しっかりと交渉をする事が大切です。

任意保険選びに困っている方必見です

車を購入した際に避けて通れないのが任意保険への加入です。

任意保険は各保険会社がとても多くて
どれにすればいいか悩んでしまう人も多いと思います。

任意保険は、ディーラーや整備工場などの代理店経由で入る方法と
インターネットから入るダイレクト型がありますが
同じ補償内容でも保険料がぐんと安くなるので
自分でインターネットで比較しながら検討するのがベストでしょう。

ダイレクト型自動車保険の中から選べば大きく失敗することはありませんので
1
今は一括見積もりができるサイトが人気です。

自分の申込条件に合う保険会社の見積りが手に入り
その中で最も保険料が安い所を選ぶのが良いと思います。
保険料だけではなくロードサービスの充実度などから選ぶのもいいでしょう。

イーデザイン損保やSBI損保、ソニー損保などはダイレクト専業の損害保険会社です。
特典もたくさん用意されているので、チェックしてみて損はありません。
2
保険料は年齢や補償内容、さらには車種によっても変わります。
それぞれの条件によってかわりますので
どの保険会社が良いのかは一概に言えません。

まずは数社で比較をする所からはじめてみましょう。

シニアドラーバーについて知っておきましょう

1
老眼などの視力低下などの理由によって
運転がしづらくなってくるなどの身体的の理由から
シニアの定義の年齢の区切りを定めていることが多いですが
交通安全講習やドライビングスクールなどは
50歳をひとつの基準とし、45歳以上としている場合もあります。

シニアドライバーすべてが運転能力が低いわけではもちろんありません。

年齢と経験により、若い世代のドライバーにはない
「安全運転のスキル」が備わっていますので
交通事故を回避する状況判断も、経験豊富なシニアドライバーの方が
優れているともいえるでしょう。

通称「もみじマーク」(オレンジと黄色のツートーンカラー)は
70歳以上の方(当初は75歳以上を2002年に対象年齢引下げ改定)が運転する際に義務づけられるものです。

このマークを見たらぜひ思いやりのある運転を心がけましょう。
2
高齢者の方の運転ですから、スムースな運転ができなかったり
低速で走行したりしていますが必要以上にクラクションを鳴らしたりせず
やさしく走路をゆずるなど、思いやりある走行をしたいものです。