カテゴリー別アーカイブ: コラム

こういう車は日本で売れる

t5n4oドイツの車というのは年を追うごとにどんどんボディが大型化する傾向が強いらしく、BMWもメルセデスベンツも今まで小型モデルといわれていたものがいつの間にか中型モデルに、中型モデルといわれていたものが大型モデルと同じプラットフォームを使って作られるようになるのです。
日本でもよく知られているフォルクスワーゲンも同じように日増しに大きくなる傾向を持っており、それが顕著に出ているのが主力モデルであるフォルクスワーゲン・ゴルフです。
ゴルフはビートルの跡を継ぐように国民車として作られたもので、初代モデルは全長3.8メートルにも満たない日本風にいえば完全5ナンバーモデルでした。
しかし、一番新しい7代目ゴルフを見ると全長こそ約4.3メートルに収まっていますが全幅は約1.8メートルと日本でも3ナンバーボディということになっているのです。
大きくなってもそれでいいという人もいれば小さいゴルフがいいという人もいます。

ドイツではどちらかというと小さいゴルフを求める方が多いらしく、フォルクスワーゲンもそれにこたえたいところなのですが、大きくしたものを小さくするのは難しいということで新たにゴルフよりも小さなモデルを作ることになったのです。
それが現在日本でも人気の高いフォルクスワーゲン・ポロです。
実はこのポロも初代モデルと現行型の5代目モデルを比べると明らかに大きくなってきており、このままだとゴルフの二の舞を踏むことになりそうです。
今のところは一応小型車といえるレベルに収まっているので、日本でも結構な需要を持っているのですが、この人気の高さを更に高めるようなモデルがクロスポロというモデルです。
このモデルは先代の4代目モデルの時から作り続けられており、現行モデルでも用意されていますが、2014年の11月にマイナーチェンジを受け、新たにアイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムなどの低燃費装備やプリクラッシュブレーキシステムやシティエマージェンシーブレーキシステムなどの安全装備を備えるようになり、更に進化したようです。

クロスポロという車はポロをクロスオーバーSUV風に仕立てた車で、ルーフレールにロードクリアランスをとった足回り、大径タイヤにそれらしいエクステリアパーツなどを追加しただけのものです。
クロスオーバーSUV自体がSUVに似せた乗用車であって、更にそのクロスオーバーSUVに似せた乗用車がこのクロスポロということになり、見た目はどうにでもなりますが中身は限りなくSUVとは遠いものとなっています。
当然FFしか用意されていないので悪路走破性は無いに等しいものとなっています。
しかし、こういった車は日本にもたくさんあり、それが意外と売れているというのですからきっとこの車も売れることでしょう。