カテゴリー別アーカイブ: トヨタ

プリウスを超えた?!「トヨタアクア」ってどんな車?

トヨタ自動車の小型ハイブリッド車の「アクア」が
売り上げ2万3973台で5か月ぶりにトップに立ったという
ニュースがでていましたね!!
10101040_200905
※の自販連のデータでは、最新の「2015年2月」データで、「22,788台」になっているようです。(もちろん販売台数トップ)

ミニプリウスとも呼ばれて街中でも頻繁に見かけるようになったアクアですが、
エコカーらしからぬ足回りのよさはプリウスの上をいくのでは?とユーザーの間で話題になっているようです。
なんといっても加速性能も同クラスの国産コンパクトカーの中でもトップクラスの性能。(※2015年3月現在では。)

アクアのお値段はオプション込みで概ね200万円程度と
国産のコンパクトカーでは高いので
コンパクトカーの相場で考えてしまうと
その値段に躊躇する方も出てくるかもしれませんがここまでヒットしているのですから、その値段にも負けないくらいの魅力があるのでしょう。
その代り売れている代償として、新車の値引き額が少ないように感じます。(大幅値引きしなくても売れるから)ですから、おのずと下取り額も下がる確率が高いです。
もしアクアを購入する際はトヨタディーラー等の下取りよりも、中古車買取店などで売却したほうが結果的に安く購入することが出来るでしょう。
ですが、多くの方が下取りを頼りにしているので買取店で売るのはちょっと面倒に思うかもしれません。
そんな風に感じたらコチラのサイトを参照にしてみてください⇒車 売るならどこがいい
きっと現在の愛車を高く売るヒントが見つかり。アクアを安く変える確率がぐっとアップしますよ。

アクアの今後の課題

ところで、アクアに限らずハイブリットカー人気はこれからも続くと思われますが
現時点ではどんな問題が挙げられるのでしょうか?

●製造コストが高く車両価格が高くなる。
(これについては、今後販売台数が増えて改善されていくでしょう)
●充電効率が悪く、充電時間が長い。
●充填1回当たりの走行距離が少ない。
●ハイブリッドカーの専門知識、技術が要るのでディーラー等、
精通したメカニックや道具がそろっていないと修理、メンテナンスが出来ない場合が多い。
●ハイブリッドカーの低速時に、音の静かさで歩行者が車に気づかないという安全面。

これは、アクアだけではなくすべてのハイブリットにとって重要なことですので、今後のメーカー対応に期待します。

長い歴史を持つ名車トヨタの「クラウン」

日本の車の歴史を語る時にかかせない車のひとつに
トヨタの「クラウン」はあげられると思います。
1
同時に、日本を代表する車メーカーであるトヨタの
歴史上欠かすことのできないモデルであり
「国産高級車の代名詞」ともいえるクラウン。

昔は、クラウンに乗っている事が
ある種のステータスでもあったのです。

「いつかはクラウン」というキャッチフレーズは
昔も今も語り継がれる有名なフレーズですよね。

現行モデルは1955年に登場した初代モデルから数えると
なんと14代目となります。

伝統のロイヤルシリーズだけでなくて
スポーティなイメージのアスリートシリーズが販売されており
それぞれにハイブリッド車を設定しています。

販売台数を見るとアスリート系もとても人気があるようです。
特徴的なフロントマスクがファンの心をぐっとつかんでいるのでしょうか。
2
また限定車として登場したピンクのクラウンも話題となりましたね。
ゼロクラウンと呼ばれた先々代モデル以来の意欲作で話題になりました。

長い長い歴史をもつ「クラウン」。
これからどうかわっていくのか楽しみですね。

その快活さが魅力、大人の車「新型ハリアー」

21
10年ぶりのフルモデルチェンジ、3代目となった新型「ハリアー」。

新しい魅力がつまった「上質」さを兼ね備えた魅力の一台。

ボトムグレードであっても上級グレードと遜色ないインテリアを持っていて
ダウンサイジングされたボディーは2.0リッターガソリンモデルでも
そのパワフルな走りはそのままです。

標準装備だけでも充実しているハリアー。
ハイブリッドならではの装備として「回生ブレーキ」があります。
減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーを充電します。
しかも「電子制御ブレーキシステム」を搭載することで
回生ブレーキと通常ブレーキを効率良く使い分けています。

ミラーについての不満点が多いようなのでまとめてみました。

ヘッドライト(ロービームとクリアランスランプはLED式)ユニットに内蔵された
ウインカーの点滅がLEDの強烈な光量に溶け込み
昼夜問わず正面からだとウインカーが判別しづらい。

ドアミラーウインカーも光量が弱いようです。

現代のニーズにあわせて、ダウンサイジングしながらも
その居住性はむしろ向上しているのです。

真横からのシルエットではエンジンルームがグンと突き出した格好で
個性的な表情を見せています。

値引きは最高で6万円程度にとどまりそうです。

トヨタ「新型ノア/ヴォクシー」の驚異的な人気の理由

12
完成度の高さにとても定評のある「新型ノア/ヴォクシー」が売れに売れています。
発売約1か月で約6万1000台とまさに驚異的な売れ行きだそうです。

約7年ぶりとなるフルモデルチェンジを多くのファンが待っていたことがわかりますね!

注目すべき点は以下の通り。

●新開発の低床フラットフロア採用で
とっても使い勝手の良い広々とした空間とその卓越した乗降性は一見の価値ありです。

●現代のニーズに合わせた圧倒的な低燃費
JC08モード走行燃費23.8km/Lというこのクラス初の本格ハイブリッドシステムを搭載

●ガソリン車ではクラストップレベルの低燃費
JC08モード走行燃費16.0km/Lでもちろん「エコカー減税」の対象!!

●スライド量810mmの超ロングスライドキャプテンシートは7人乗れます。
広い足元スペースでゆったりと過ごせ、多彩で快適なシートアレンジを楽しめます

人気ジャンルであるミニバンの主力モデルですので
新車選びの候補に入れる方はとても多いはず。

ライバル車はステップワゴンやセレナなどですが
ステップワゴンとセレナも今回は新型ノア/ヴォクシーに
かなわないかもしれませんね。

カローラのハッチバック「トヨタオーリス」を調査しました!

トヨタといえば、カローラ。というのは昔のイメージでしょうか
カローラはなんだか地味すぎていまいちという方も多いと思います。
1
いろいろな人気モデルの陰に隠れて
あまり知られていないのですが、
一押しなのが「トヨタオーリス」。

実質的にはカローラのハッチバックといえるモデルで
ヨーロッパにおけるトヨタの主力モデルとなっている車です。

イチオシは、「RS」というスポーツグレードで
車両安定性がとても良くユーザーからの評判もなかなか。
「MT」しか用意のないユニークな一台です。

見た目の良さだけではなく、
価格のわりには走りは静かでハンドルが軽く
その走りには定評があるようです。

2
インテリアもシンプルで必要なものが備わっているので
現代の便利すぎる車に飽きた人にも「トヨタオーリス」
いいかもしれません!!

値引きは、人気車ではないので交渉次第では
満足できる価格の値引きが期待できそうです。
オプションサービスも狙っていきたいですね。

デザインがかわった新型「トヨタヴィッツ」は乗って楽しい車。

1
乗って楽しい車づくりを目指しているトヨタらしいデザイン。
ヴィッツ魅力は、なんといっても
その燃費のよさ、小回りが利くところ、幅い広いユーザーに人気のデザイン。
といった点ではないでしょうか!!

ヴィッツの種類はMT、AT、CVTとミッションだけで3種類。
エンジンが1L、1.3L、1.5Lと3種類あります。
豊富なボディカラーも魅力です。
多くのユーザーを対象としている車ならではのラインナップです。

2
車内が広くて快適なことにとても定評のあるヴィッツ。
衝突安全性が高いので、お子様を乗せていても安心できそうです。
燃費は軽と同等ですので、ガソリン代もおさえることができそうです。

デメリットといえば、コンパクトカーでありながら
税金が高くなってしまう事でしょうか。

しかし買い取り査定時にほとんど値がつかなくなってしまう軽自動車と比べ
ヴィッツは乗り換え時の買取査定が驚くほど高いです。

他にも、タイヤが細いため60キロでカーブを曲がる時の不安定さや
パワーが無い為、4人乗せたときの坂や高速道路でストレスを感じることがあったり
するという、走りについてのユーザーの不満があがっているようです。

長い目でみて、買い替えなどを考えると
ヴィッツは買いですね!!

人気のクラウンに新型が登場!ハイブリッドなら免税対象です!

12
クラウンがフルモデルチェンジして知的で洗練されたイメージになり
これまでの昔ながらのおじさん車、なんていうイメージはなくなりました。

外車を意識しているようなデザインで、
高級感が溢れているので、迫力満点!!

気になるクラウンの値引きは….
これについてはかなり厳しいようです。

全国一律でメーカーから決められているのがその理由で、
オプションでの減額を狙った方がいいかもしれません。

でも、ハイブリットを選んだ場合は取得税、重量税がともに免税。
このへんも頭にいれておいてくださいね。

がらりと変わった外観は、フロントグリルはかなり斬新なデザイン。
グリルが上下の二段になっていて、下のほうが大きいデザインで
まるで稲妻のようなスタイル。

車のサイズも、全長は25mm、全幅も5mm大きくなって
よりスポーティーになっているようです。

座席のシートもおしゃれで
背もたれ部分には特殊なソフトパッドを使用。
座ってみると独特なフィット感で体をすっぽり包み込むような感じで
長時間ドライブでも疲れにくいとの評判も多いようです。

国産車選びで失敗しないためのポイント公開!

車を選ぶ時、メーカーはここ。と決めている人は
意外と多いそうです。

うちはずっとトヨタを乗り継いできた。
父がホンダで働いているから、ホンダの車で。
などなど、メーカーは決まっているので
後は車種選びということになります。

一方、メーカーを絞らずに探すと、自分の用途に合ったクルマを
いろいろなメーカーの車で比べることができるので
とくにメーカーに強いこだわりがなければ
メーカーを絞らない方が賢い車選びができる、という風にも考えられますね。

なかでも、世界でもトップメーカーでもある「トヨタ」派は多数です。
最近の人気はなんといってもハイブリッド車。

世界からも注目されるプリウスを発売するなど、
環境問題でも世界のメーカーをリードしていて
トヨタのイメージを大きく向上させていますね。

レクサスブランドを立ち上げて
高級車の世界でも驚異の静粛性や乗り心地を実現したり
やはり国産車選びにおいてはトヨタは外せません。

12
2013年に発売されたカローラのハイブリット車も
新車選びで候補に入れるかたも多いみたいです。

長く経済的に乗ることを考えると
「新車」で「ハイブリット車」は
キーワードとなってきそうですね。