トヨタの提携戦略はどこに向かっているのか

最近トヨタの業務提携の動きが激しいですね。
いつの間にかマツダとの業務提携も行っていて、先日記者会見を行い私たちを
驚かせました。

トヨタは、今まで自社の技術にこだわっていましたが、モリゾーこと豊田章男氏
が社長になってからは大がかりな提携が増えてきたように思います。

トヨタが86を発表したのには、スバルとの資本提携(トヨタとGMの関係で
このようになったそうですが)があってこその産物だと聞きます。

また、トヨタはBMWとも提携を結んでいます。
当初は、トヨタとBMWでスポーツカーを開発すると言うことになっていましたが
いまはスポーツカー開発の提携プロジェクトは無くなっています。
(代わりに小型車の開発を提携して行うということになっているそうですが、
BMWからすると、トヨタはまだ一緒にスポーツカーを作る程の力量がなかった
ということなのでしょうか。)

このように、最近のトヨタ自動車は、他社の良い技術を提携によって自分の
製品に組み込んで使うと言うことを繰り返しているように見えます。

では、何故ここに来てマツダなのでしょうか。
一説によると、トヨタはマツダの環境基準を満たしたディーゼルエンジンが欲しい
野だと言うことです。最近トヨタは、新型のディーゼルエンジンをリリース
しましたが、小排気量のディーゼルは開発されていないのです。

マツダはトヨタから何を供与されるのでしょうか。
いま、マツダの持っている技術でたりないのはハイブリッドシステムくらいです
ハイブリッドシステムはすでに、マツダは、トヨタとの提携前から、
トヨタから供与された物をアクセラに組み込んでいます。

一番考えられるのは、トヨタ車の生産をマツダが自社工場で行うと言うことです。
マツダは、いつのラインでいろいろな車種の車を生産できる工場を建設しました。

例えば、フィアットクライスラーグループのオープンカーをロードスターベースに
日本で生産するそうです。

このように、貪欲に新技術をトヨタが今後欲しいと思っている技術は一体何でしょう
そして、今後どんな企業と提携するのでしょうか・・・・