マツダの新型ロードスターの発売と今後の展開について

gbibg
マツダの新型ロードスター(ND型)が発売されましたね。街でも時折見かけるように
なりました。
マツダの新型ロードスターは2014年に発表され様々なイベントを通してマツダが
一般に向けてアピール活動を行ってきたため、車好きで知らない人は居ないという
程の知名度がある車です。

NDロードスターは、初代ロードスター原点への回帰を開発コンセプトにして
「人馬一体」「マツダの魂」と言った物を継承して行く車として開発されました。

マツダの魂動(こどう)デザインや、SKY ACTIVEテクノロジーを投入した
新型ロードスターは販売当初から人気を博しています。

ただ、発売された新型ロードスターについては、今後追加される予定があるのでは?
と思われるものがいくつかあるので、それを見ていきましょう。

ボディーカラーの追加

まず1つめはボディーカラーです。新型ロードスターはマツダのテーマカラーである
ソウルレッド以外のボディーカラーは白系、黒系、濃紺といった無彩色にちかい
ボディカラーが目立ちます。先代のNC型では、イエローのボディーカラーなどが
設定されていたこともありますので、今後有彩色のボディーカラーが追加される
のでは無いかと言われています。

また、ND型にモデルチェンジした際に廃止されたRHT(リトラクタブル・ハードトップ)
も今後追加される予定では無いかと言われています。
新型ロードスターが買いたいけれど、RHTが出る間で待っているというような声も
ネットでは聞こえてきています。

そして、一番気になるのが北米向けには設定されている2リッターエンジンの存在です。
新型ロードスターの開発者によると、ベストバランスなロードスターは1.5リッター
であるという発言があります。

確かに、2リッターエンジンを搭載するとコストも高くなりますし、重量も重くなり
ます。

しかし、2リッターエンジンを搭載するロードスターに日本人のジャーナリストを
絶対に乗せないというマツダの対応にも疑問が残ります。
もしかして、2リッターに乗ったらやっぱり1.5リッターでは物足りなく感じてしまう
のかもしれません。

とはいえ、今後世界統一で開催されるワンメイクレースでは、2リッターエンジン
搭載車が販売されるはずですので、2リッターエンジンのロードスターがどのような
物なのかはじきにわかることでしょう。

発売されもなお話題が続く新型ロードスターから目が離せませんね。