国産唯一のオフロードマシン「ジムニー」を選ぶ

btr9e

日本の車で世界に誇れるほどの性能を持っているという車は数少ないのですが、それでも燃費のプリウス、WRCで活躍していたランサーエボリューションやWRX STI、ニュルで好タイムをあげたGT-Rなどがあります。
実はこれ以外にもかなり身近なところに世界一を誇る車があります。
それがスズキのジムニーです。
軽自動車の何が誇れるのかというとそれは道なき道を走ることができる悪路走破性。
ここ最近、SUVやクロスオーバーSUVが流行ってきており、昔よりは悪路走破性に関心が持てる用のなってきているとは思いますが、それはクロスオーバーSUVがもたらす、乗用車+α程度のものであって、本格的な悪路走破性はあまり理解されていないと思います。

その本格的な悪路走破性を持っているのがスズキのジムニーということなのです。
ジムニーにはオフロード走行するための構造がたくさんつけられています。
丈夫なラダーフレームにストロークが豊富なサスペンション、悪路走行には欠かせないリジットアクスルにパートタイム4WD、そして軽量なボディというオフロード走行に最適な車作りがされているのです。
この車は現在で3代目でそれが初めて登場したのは何と1998年。
2015年現在でかれこれ17年も前から同じモデルを作り続けているのです。

ジムニーは昔からそうでした。

初代モデルは1970年から1981年まで、2代目は1981年から1998年までとどのモデルも最低でも11年以上は同じモデルを作り続けてきたのですが、
そのモデルが近々フルモデルチェンジされるということらしいです。
実際にどのようなモデルが出るのかということはまだわかっていませんが、ここ最近のSUV・クロスオーバーSUVブームの影響を受けて、現行モデルのようないかにもオフロードマシンというものではなく、若干軟弱化したSUVらしいものになるのではないかといわれています。

ただ、ジムニーの特徴である悪路走破性を高めるものはそのまま継承されるようですので、その辺は心配ないようです。
スズキには軽クロスオーバーSUVとしてハスラーがありますので、クロスオーバーSUVになることはないでしょう。
しかし、あまりにも硬派だったために一般層の需要が少なかったので、その部分を補う形でこういった形をとるのではないでしょうか。
発売時期は全く分かりませんが噂では2017年ごろになるといわれています。
ちなみに軽自動車において海外で人気になっているのは現在ではこのジムニーだけとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>