シニアドラーバーについて知っておきましょう

1
老眼などの視力低下などの理由によって
運転がしづらくなってくるなどの身体的の理由から
シニアの定義の年齢の区切りを定めていることが多いですが
交通安全講習やドライビングスクールなどは
50歳をひとつの基準とし、45歳以上としている場合もあります。

シニアドライバーすべてが運転能力が低いわけではもちろんありません。

年齢と経験により、若い世代のドライバーにはない
「安全運転のスキル」が備わっていますので
交通事故を回避する状況判断も、経験豊富なシニアドライバーの方が
優れているともいえるでしょう。

通称「もみじマーク」(オレンジと黄色のツートーンカラー)は
70歳以上の方(当初は75歳以上を2002年に対象年齢引下げ改定)が運転する際に義務づけられるものです。

このマークを見たらぜひ思いやりのある運転を心がけましょう。
2
高齢者の方の運転ですから、スムースな運転ができなかったり
低速で走行したりしていますが必要以上にクラクションを鳴らしたりせず
やさしく走路をゆずるなど、思いやりある走行をしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>