長い歴史を持つ名車トヨタの「クラウン」

日本の車の歴史を語る時にかかせない車のひとつに
トヨタの「クラウン」はあげられると思います。
1
同時に、日本を代表する車メーカーであるトヨタの
歴史上欠かすことのできないモデルであり
「国産高級車の代名詞」ともいえるクラウン。

昔は、クラウンに乗っている事が
ある種のステータスでもあったのです。

「いつかはクラウン」というキャッチフレーズは
昔も今も語り継がれる有名なフレーズですよね。

現行モデルは1955年に登場した初代モデルから数えると
なんと14代目となります。

伝統のロイヤルシリーズだけでなくて
スポーティなイメージのアスリートシリーズが販売されており
それぞれにハイブリッド車を設定しています。

販売台数を見るとアスリート系もとても人気があるようです。
特徴的なフロントマスクがファンの心をぐっとつかんでいるのでしょうか。
2
また限定車として登場したピンクのクラウンも話題となりましたね。
ゼロクラウンと呼ばれた先々代モデル以来の意欲作で話題になりました。

長い長い歴史をもつ「クラウン」。
これからどうかわっていくのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>