隠れた名車?!「三菱プラウディア」の特徴をまとめました

「三菱プラウディア」みなさん、なんとなく名前を聞いた事があるという程度でしょうか?
21
初代プラウディアは生産台数が少なく
2年間しか生産されていませんでした。

2011年に日産・フーガのOEM供給を受けて
2012年に車名をプラウディアに決定し復活しました。

三菱のセダンとしては、他にギャランフォルティスがありますが
三菱のセダンはあまり人気がありませんね。

三菱の車で売れているのは、スポーツカーのランサーエボリューションや
SUVのアウトラウンダー、パジェロ、RVRなどです。
ミニバンのデリカD3やコンパクトカーのデリカD2、ミラージュも売れています。

フーガハイブリッドの燃費は、18.0km/Lです。

ハイブリッドカーやコンパクトカー、軽自動車と比べると
かなり燃費が悪く感じるかもしれませんが
ガソリン車のセダンでは一般的な燃費となっいて
人気のある「フーガ」でも燃費は同じです。

フーガは、ハイブリッド仕様が販売されていますが
プラウディアはガソリン車しかありません。

プラウディアは内装がとても豪華です。
銀粉を手作業で木目に刷り込んだオーナメントパネルや
本革シートが高級感をかもしだしていてユーザーの満足度も高いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>