任意保険選びに困っている方必見です

車を購入した際に避けて通れないのが任意保険への加入です。

任意保険は各保険会社がとても多くて
どれにすればいいか悩んでしまう人も多いと思います。

任意保険は、ディーラーや整備工場などの代理店経由で入る方法と
インターネットから入るダイレクト型がありますが
同じ補償内容でも保険料がぐんと安くなるので
自分でインターネットで比較しながら検討するのがベストでしょう。

ダイレクト型自動車保険の中から選べば大きく失敗することはありませんので
1
今は一括見積もりができるサイトが人気です。

自分の申込条件に合う保険会社の見積りが手に入り
その中で最も保険料が安い所を選ぶのが良いと思います。
保険料だけではなくロードサービスの充実度などから選ぶのもいいでしょう。

イーデザイン損保やSBI損保、ソニー損保などはダイレクト専業の損害保険会社です。
特典もたくさん用意されているので、チェックしてみて損はありません。
2
保険料は年齢や補償内容、さらには車種によっても変わります。
それぞれの条件によってかわりますので
どの保険会社が良いのかは一概に言えません。

まずは数社で比較をする所からはじめてみましょう。

各メーカーで違いはあるの?!

一昔前、バブルの頃まではこのメーカーはこうである
という定説がありました。
2
例えば、トヨタよりも日産の方がエンジンが丈夫である
日産のボディは錆びやすいなどというように
各メーカーごとに良し悪しが言われましたが
最近はそういった話はあまり聞かなくなりました。

それでは、世間の人がもつイメージというのは未だに強くあります。

トヨタでいえば、
最も人気があるメーカーであり
販売台数が世界一日本を代表するメーカー。
1
故障が少なく信頼性が高くハイブリッドカーでも各メーカーを先行。

こんな感じでしょうか?!

バブル崩壊後以降は、どのメーカーもコストを削減するために
部品供給を統一するようになりました。
同じ部品が使われていると、あたりまえですがそれほどメーカーごとでの差はなくなりました。

特に内装やボディの劣化具合は、どのメーカーでも問題ないと言えますので
あまりメーカーにこだわる必要はないのかもしれません。

ただ、それでもひとそれぞれ好きなメーカーはありますよね。
始めに買ったメーカーの車種を乗り継ぐ人も多いみたいです。

ハイブリット車について考えてみる

国産車選びを考える際に、多くの人がハイブリッドカーに
注目する時代になりました。

ハイブリットとは、もともとは「異種混合」という意味で
異なる2つ以上の動力を持つ車がハイブリットカーとされています。
2
ハイブリッドカーはガソリン車よりも燃費が良く
排気ガスも少ないためにエコカーなどと呼ばれたりもします。

しかし、燃費の面だけで見ると軽自動車をはじめとする
コンパクトカーでも最近は燃費がとても良くて
ハイブリッドカーだけ特別燃費が良いというわけではありません。

一般的なガソリン車のエンジンは、速度が遅い時の燃費効率が悪いですが
ハイブリッドカーは加速時にモーターを使い燃費が良くなる速度まで上がると
動力をガソリンに切り替える仕組みになっています。

現代において、エコカーと言えばハイブリッドカーですが
最終的にエコカーの主流になるのは、「クリーンディーゼル車」と言われています。
海外ではクリーンディーゼルがすでに主流になりつつあります。
1
もちろん、最もエコなのはEV(電気自動車)ですが
やはり充電や車両価格などの問題があり、まだまだ普及するのには
長い時間がかかりそうです。

長い歴史を持つ名車トヨタの「クラウン」

日本の車の歴史を語る時にかかせない車のひとつに
トヨタの「クラウン」はあげられると思います。
1
同時に、日本を代表する車メーカーであるトヨタの
歴史上欠かすことのできないモデルであり
「国産高級車の代名詞」ともいえるクラウン。

昔は、クラウンに乗っている事が
ある種のステータスでもあったのです。

「いつかはクラウン」というキャッチフレーズは
昔も今も語り継がれる有名なフレーズですよね。

現行モデルは1955年に登場した初代モデルから数えると
なんと14代目となります。

伝統のロイヤルシリーズだけでなくて
スポーティなイメージのアスリートシリーズが販売されており
それぞれにハイブリッド車を設定しています。

販売台数を見るとアスリート系もとても人気があるようです。
特徴的なフロントマスクがファンの心をぐっとつかんでいるのでしょうか。
2
また限定車として登場したピンクのクラウンも話題となりましたね。
ゼロクラウンと呼ばれた先々代モデル以来の意欲作で話題になりました。

長い長い歴史をもつ「クラウン」。
これからどうかわっていくのか楽しみですね。

その快活さが魅力、大人の車「新型ハリアー」

21
10年ぶりのフルモデルチェンジ、3代目となった新型「ハリアー」。

新しい魅力がつまった「上質」さを兼ね備えた魅力の一台。

ボトムグレードであっても上級グレードと遜色ないインテリアを持っていて
ダウンサイジングされたボディーは2.0リッターガソリンモデルでも
そのパワフルな走りはそのままです。

標準装備だけでも充実しているハリアー。
ハイブリッドならではの装備として「回生ブレーキ」があります。
減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーを充電します。
しかも「電子制御ブレーキシステム」を搭載することで
回生ブレーキと通常ブレーキを効率良く使い分けています。

ミラーについての不満点が多いようなのでまとめてみました。

ヘッドライト(ロービームとクリアランスランプはLED式)ユニットに内蔵された
ウインカーの点滅がLEDの強烈な光量に溶け込み
昼夜問わず正面からだとウインカーが判別しづらい。

ドアミラーウインカーも光量が弱いようです。

現代のニーズにあわせて、ダウンサイジングしながらも
その居住性はむしろ向上しているのです。

真横からのシルエットではエンジンルームがグンと突き出した格好で
個性的な表情を見せています。

値引きは最高で6万円程度にとどまりそうです。

希望価格から選ぶ国産車選びのコツ

ひとそれぞれ車を購入する際の予算や希望金額は違います。

金額別にオススメの車をまとめましたので
参考にして頂けたら幸いです。

1
●100万円以内

100万円以内で新車を買おうと思ったら、選択範囲はかなり狭くなります。
軽自動車または一部の小型車しなるでしょう。

軽であってもグレードの高いものは、100万円を超えてしまいます。
普通車がほしければ中古車から探す事になりそうです。

100万以内でも中古車ならその選択肢は広がります。

100万円以内のおすすめ車としてはミラの最新型であるミライース。
ミライースの魅力はその燃費の良さです。
新燃費測定モードJC08で30km/l〜というハイブリット並み低燃費を実現しています。

しかも、中古車の値段は795,000円程度からと低価格です。

同じく低燃費さが売りのアルトエコは
値段が10万円高の89,5000円〜となっています。

2
●150万円以内

50万予算を増やせると、選べる車もぐっと増えます。

この価格帯は軽のハイグレードタイプと小型車となります。
トヨタヴィッツや日産マーチ、ホンダフィット、マツダデミオなどなど
人気のコンパクトカーが購入可能です。

シニアドラーバーについて知っておきましょう

1
老眼などの視力低下などの理由によって
運転がしづらくなってくるなどの身体的の理由から
シニアの定義の年齢の区切りを定めていることが多いですが
交通安全講習やドライビングスクールなどは
50歳をひとつの基準とし、45歳以上としている場合もあります。

シニアドライバーすべてが運転能力が低いわけではもちろんありません。

年齢と経験により、若い世代のドライバーにはない
「安全運転のスキル」が備わっていますので
交通事故を回避する状況判断も、経験豊富なシニアドライバーの方が
優れているともいえるでしょう。

通称「もみじマーク」(オレンジと黄色のツートーンカラー)は
70歳以上の方(当初は75歳以上を2002年に対象年齢引下げ改定)が運転する際に義務づけられるものです。

このマークを見たらぜひ思いやりのある運転を心がけましょう。
2
高齢者の方の運転ですから、スムースな運転ができなかったり
低速で走行したりしていますが必要以上にクラクションを鳴らしたりせず
やさしく走路をゆずるなど、思いやりある走行をしたいものです。

ダイハツの新型「メビウス」に注目してみました!

ダイハツから登場した新型「メビウス」が気になっている方は
結構多いと思います。

こちらの「メビウス」。
ベースとなるっているのはトヨタの人気ハイブリッド車「プリウスα」なんです!!
2
新型メビウスは、基本性能などはすべてプリウスアルファと同じ仕様になっており
1800ccのガソリンエンジンとモーターの駆動になります。

プリウスと違うところは、5人乗りの2列シートのみであるところ。
このへんでプリウスとの差別化を図っています。

●S・Lセレクション…235万円
●S…250万円
●Sツーリングセレクション…280万円

価格もプリウスアルファと同じ!!

メビウスの登場で、ダイハツファンはハイブリッド車を
購入したくなるかもしれませんね!!

車名の「メビウス」は、
メビウスの輪が永遠の象徴であることにちなんだものだそうです。
2
優れた燃費性能により、どこまでも走っていける車でありたい
そんな願いが込められているのかもしれませんね。

OEM車ということで、基本の価格は同じですが
トヨタディーラーとダイハツディーラーでは
値引き価格には多少なりとも差がでそうです。
購入の際には、両ディーラーを回ってみてくださいね!!

トヨタ「新型ノア/ヴォクシー」の驚異的な人気の理由

12
完成度の高さにとても定評のある「新型ノア/ヴォクシー」が売れに売れています。
発売約1か月で約6万1000台とまさに驚異的な売れ行きだそうです。

約7年ぶりとなるフルモデルチェンジを多くのファンが待っていたことがわかりますね!

注目すべき点は以下の通り。

●新開発の低床フラットフロア採用で
とっても使い勝手の良い広々とした空間とその卓越した乗降性は一見の価値ありです。

●現代のニーズに合わせた圧倒的な低燃費
JC08モード走行燃費23.8km/Lというこのクラス初の本格ハイブリッドシステムを搭載

●ガソリン車ではクラストップレベルの低燃費
JC08モード走行燃費16.0km/Lでもちろん「エコカー減税」の対象!!

●スライド量810mmの超ロングスライドキャプテンシートは7人乗れます。
広い足元スペースでゆったりと過ごせ、多彩で快適なシートアレンジを楽しめます

人気ジャンルであるミニバンの主力モデルですので
新車選びの候補に入れる方はとても多いはず。

ライバル車はステップワゴンやセレナなどですが
ステップワゴンとセレナも今回は新型ノア/ヴォクシーに
かなわないかもしれませんね。

カローラのハッチバック「トヨタオーリス」を調査しました!

トヨタといえば、カローラ。というのは昔のイメージでしょうか
カローラはなんだか地味すぎていまいちという方も多いと思います。
1
いろいろな人気モデルの陰に隠れて
あまり知られていないのですが、
一押しなのが「トヨタオーリス」。

実質的にはカローラのハッチバックといえるモデルで
ヨーロッパにおけるトヨタの主力モデルとなっている車です。

イチオシは、「RS」というスポーツグレードで
車両安定性がとても良くユーザーからの評判もなかなか。
「MT」しか用意のないユニークな一台です。

見た目の良さだけではなく、
価格のわりには走りは静かでハンドルが軽く
その走りには定評があるようです。

2
インテリアもシンプルで必要なものが備わっているので
現代の便利すぎる車に飽きた人にも「トヨタオーリス」
いいかもしれません!!

値引きは、人気車ではないので交渉次第では
満足できる価格の値引きが期待できそうです。
オプションサービスも狙っていきたいですね。